背中の凝り、背部痛、肩甲骨の凝り、腰痛、ギックリ腰、坐骨神経痛、股関節痛、膝関節痛について。

まず、上記症状の仕組についてお伝えします。

背中痛・腰痛・坐骨神経痛の症状の原因

背部痛、背中の凝り、肩甲骨の痛み、腰痛、ギックリ腰は、背骨の歪み&背骨の隙間から出ている神経圧迫の結果生じてきます。

胸椎・腰椎・骨盤のイラスト画像
胸椎・腰椎・骨盤のイラスト画像

ですから、背中の筋肉や腰の筋肉が急に悪くなって生じてくるようなものではありません。

背中や腰の症状が出る機序は、背骨が歪み、背骨の隙間から出ている神経が圧迫され、それから神経の働きが低下します。

それに伴い筋肉が硬くなり、血流が悪くなり、痛みや凝りが生じてくるのです。

補足しておくと、背部痛、肩甲骨の凝りなどは、胸椎の歪みと胸椎の隙間から出ている神経圧迫で生じてきます。

腰痛やギックリ腰、坐骨神経痛は、腰椎や骨盤の歪みと腰椎、骨盤の隙間から出ている神経圧迫に伴い生じてきます。

股関節痛・膝関節痛の症状の原因

股関節痛や膝関節痛の原因は、背骨や骨盤の歪みに伴う、体全体の【不均衡さ】が関連しています。

もっと具体的に言うと、背骨や骨盤が歪むと、両足に掛かる荷重がアンバランスになるので、荷重が多く掛かっているほうの股関節や膝関節を痛める要因になる、ということです。

股関節&膝関節が痛い人のイラスト画像
股関節&膝関節が痛い人のイラスト画像

さらに詳細を言うと、背骨の歪みと骨盤の歪みは【連動】しています。つまり、背骨が歪めば骨盤も歪むし、骨盤が歪めば背骨も歪む、ということです。

そして骨盤が歪むと、股関節のアライメントも歪み、股関節の可動域制限が出たり、股関節の負担が高まってきます。そしてその程度に応じて股関節痛が生じてくる、というわけです。

膝関節痛の場合は、背骨と骨盤の歪みから膝関節に螺旋(捻じれ)が入ります。※膝関節と背骨(骨盤含む)は【連動】しています。

そして螺旋の程度に応じて膝関節に痛みが生じてきます。

※もちろん打撲や外傷の場合は除きますヨ。

股関節・膝関節は背骨と連動している

股関節と膝関節に限ったことではありませんが【全ての骨格は背骨と連動しています。】おそらく武術やスポーツを真摯に行ってきたような人であれば同意してくれると思います。

例えば、膝を怪我した人が、膝を庇(かば)ったまま生活していれば【必ず背骨は歪みます。】また、肩関節を痛めた人が肩を庇ったまま生活していても【背骨は必ず歪みます。】

院長田村のイラスト画像
院長田村のイラスト画像

このようなことからも、背骨と各関節は連動している、ということが分かります。

このような身体構造がある関係上、背骨の状態を良くしていけば、股関節や膝関節にも好影響が生じてくることは言うまでもありません。

たむら整体治療室では、上記事項を踏まえた上で股関節痛や膝関節痛でお困りの患者様に対しても、

首で全身を直す!専門的な整体【頚椎良法】を行っています。