頭痛、顎関節症、顎の凝り、顎痛、噛み合わせの症状について。

以下、上記症状の原因についてお伝えします。

頭痛・顎関節・顎凝り・噛み合わせ症状の原因

頭痛や顎関節に関する症状は、頚椎の歪みと頚椎の隙間から出ている神経の圧迫が原因となっています。

頭痛顎関節の症状ロゴ画像
顎関節の問題で困っている人のイラスト画像

また、頚椎の歪みに伴い、頭の傾き【姿勢不良】や頭蓋骨の歪みが生じてきます。

※1930年代の臨床医学で、頭蓋骨には微細な動きがあるため、形が変わる【歪む】ことがある、ということが発見されています。

そして【頭の傾き・頭蓋骨の歪み】の程度に応じて、顎関節へ悪影響が生じてきます。それがゆえに顎関節の諸問題が生じてくるのです。

頭の傾き&頭蓋骨の歪みのイラスト画像
頭の傾き&頭蓋骨の歪みの画像※①が正常で②③が傾き歪んでいる状態

さらに具体的に言うと、頚椎が歪み、頭の傾きが生じ、顎関節の歪みが生じてきます。

それに伴い、顎関節の可動域制限が出たり、凝りが出たり、痛みが生じてきます。

また、噛み合わせに関しても、同様の理由で生じてきます。

※ただし、歯科の問題で生じているケースもあります。

頭痛の場合は、頚椎が歪んで、頚椎の隙間から出ている神経圧迫が生じ、そこから神経に関連している筋肉群が硬くなり、血流が悪くなります。

そして、その程度に応じて頭痛症状が生じてきます。

【たむら整体治療室】では、上記事項を把握した上で、頭痛、顎関節痛、噛み合わせの問題でお困りの患者様に対しても、首で全身を直す!専門的な整体【頚椎良法】を行っております。