動悸、息切れ、呼吸しにくい、喉が締め付けられる、喉が詰まる(ヒステリー球)、喉&胸カテゴリーの不快症状。

以下、上記症状の原因&機序(メカニズム)をお伝えします。

ご留意):当項は自律神経系の不定愁訴としての内容です。

動悸、息切れ、喉の不快症状の原因

動悸息切れのロゴ画像
動悸息切れのイラスト画像

動悸、息切れ、喉の不快感、喉のつまり感の原因は、【頚椎~胸椎の歪み】&【頚椎~胸椎】の隙間から出ている神経圧迫が原因になっています。

そして神経圧迫に伴い【胸部~喉に関連している神経群】の働きが低下して、動悸、息切れ、喉のつまり感など、【喉胸に関する不快症状】が生じてきます。

また、鎖骨部や肋間部の凝りも同様の機序で生じてきます。

背骨と自律神経(横断面)のイラスト画像
背骨と自律神経(横断面)のイラスト画像

補足しておくと、背骨の隙間から出ている神経は背部(後面)だけでなく、前面にも伸びています。

つまり背骨の隙間から出ている神経は、内臓や胸郭(肋骨部)、体の前面(正面)部にも影響を及ぼしている、ということです。

このような身体構造があるため、背骨の歪み&背骨の隙間から出ている神経圧迫に伴い、【胸や喉】にも不快な症状が生じてくる、というわけです。

また更に補足しておくと、背骨(椎骨)の歪みには様々なパターンがあります。

ですから、例え同じ椎骨が歪んでいたとしても、歪みのパターン【歪み方】が同じとは限りません。

後ろから見た椎骨のイラスト画像
後方から見た背骨&椎骨のイラスト画像

つまり、同一の椎骨が歪んでいても、神経を圧迫する箇所が異なっているケースがある、ということです。

それがゆえに、同一部位の椎骨が歪んでいても、背部に症状が出たり、前面(胸や喉など)に出たり、両方に出るようなことがあるのです。