膝を痛めたり、怪我をした人の体操指導の多くは、膝の屈伸運動(膝関節の曲げ伸ばし運動)です。

膝の伸展運動
膝の伸展運動のイラスト画像

しかし、私(院長田村)が思うに

膝の屈伸運動の動作は、日常の生活時においても、それなりに使っている動きなので

「いうほど重要ではない」

と考えています。

補足】しかし、膝の屈伸運動がまったく出来ないレベルで、怪我をした人に関しては別件です。

膝の曲げ伸ばしが出来るよう、運動(リハビリ)を行う必要があります。

膝の回旋運動

私が推奨する方法は、膝の回旋(捻じり)運動です。

膝の曲げ伸ばし動作と比較すると、日常の生活において、膝の回旋運動は少ないと思います。

尚且つ、膝のトレーニングを行う際も、膝の曲げ伸ばし運動はポピュラーで、誰もが知る内容です。

しかし、膝の回旋運動となると、一般的には、まだあまり知られていないように思います。

それが故に、膝の回旋運動は効果的な運動の一つなのです。

それでは以下より、膝の回旋運動をご紹介します。

膝の回旋運動(ニュートラルポジション)

イラストは足を真上から見下ろしたイラストとなります。

椅子に座り、膝関節を90度程度曲げます。

そして足先を正面に向けます。

つまり、足先がイラストのように平行線に並ぶようにします。

膝の回旋運動(外旋)

大腿骨(股関節~膝までの骨)は動かさないようにします。

足先を小指側方向へ開きます。※つまり、膝関節を外側へ捻じる動作です。

出来る限り捻じるようにしてください、そこから膝の力感を感じます。

力感を感じたら、力感をキープしたまま、この型をキープします。

心の中で10~20くらい数え、その後、元の足位置に戻します。

膝の回旋運動(内旋)

大腿骨(股関節~膝までの骨)は動かさないようにします。

足先を親指側方向へ閉じます。※つまり、膝関節を内側へ捻じる動作です。

出来る限り捻じるようにしてください。そこから膝の力感を感じます。

力感を感じたら、力感をキープしたまま、この型をキープします。

心の中で10~20くらい数え、その後、元の足位置に戻します。

以上となります。

また膝の運動を行う場合は、併せて足首の運動も一緒に行うと尚良いです。