いわずもがな呼吸は、私たちにとって非常に重要な働きをしています。

リラックスしている画像

また呼吸は肉体面だけでなく、精神との関連性もあります。

つまり私たちは、

呼吸によって肉体と精神を維持するだけでなく、呼吸で肉体と精神をコントロールすることも可能なのです。

このような背景があるので、ヨガや様々な健康法では呼吸法が重宝されています。

また当院(たむら整体治療室)においても、呼吸が浅く、緊張しやすいタイプの患者様がいらっしゃいます。

そして緊張しやすい人ほど、呼吸が浅かったり、息を止めて力んでいるような印象を受けます。

緊張する人のイラスト画像

おそらく整体院でこのような状態になるということは、職場や学校においても同様な息遣いをしているのだと思います。

そうすると必然的に職場や学校においても、緊張しやすく、自身のパフォーマンスが発揮しにくい状態になってしまいます。

また整体的にいっても、呼吸が浅かったり、呼吸を止めるがごとく力んでいるような状態が続いてしまうと、

体は強張り、筋緊張が生じ、凝りや歪みを育むことになってしまいます。

こういったことを回避するためにも、

呼吸を浅くしたり、息を止めるがごとく力むような癖は解消した方が良いのです。

呼吸法レクチャー

腹式呼吸や胸式呼吸、はたまた逆式呼吸などいろいろな呼吸法がありますが、

私(院長田村)はシンプルに行ったほうがよいと考えています。

以下、大事な事項をピックアップしておきます。

  1. 口から吐き、鼻から吸う
  2. 比重としては吐くほうを重視する※息を吐いた結果、吐いた分だけ吸う感じ
  3. 口呼吸は原則NG※しかし息が上がるような運動時は別件、絶対事項ではない
  4. 力んで息を止めないよう自己(呼吸)コントロールすること
  5. 自然に楽に呼吸することを理想とする

以上となります。

一日複数回(短時間)でも構わないので、意識的な呼吸(呼吸法)をするよう心がけましょう!

たむら整体治療室のロゴ画像